浄妙寺へ鎌倉三十三観音御朱印巡りの旅

札所第9番、稲荷山 浄妙寺(じょうみょうじ)

浄妙寺は臨済宗建長寺派で、1188年(文治4年)に源頼朝の重臣だった足利義兼が、父義康を弔うため創建した真言宗の極楽寺を前身としたものです。

開山は東大寺の第三代大勧進職を務め、源頼朝や北条政子も帰依した高僧、退耕行勇(たいこうぎょうゆう)です。

スポンサーリンク

浄妙寺 門

かつては広大な寺地と23箇院の塔頭を有し、鎌倉五山第五位に列せられる程栄えていました。

現在でも周囲の土地一体の地名を浄明寺(格式の高いお寺だったため、土地名に使う漢字を変えたと伝えられています)と呼ぶなど当時の名残があります。

浄妙寺 境内

浄妙寺の場所を確認されたい方はこちら
⇒浄妙寺の場所を確認 (楽天 旅ノート)

浄妙寺 本堂

本堂は1756年(宝暦6年)に再建されたものです。当時は茅葺屋根でしたが、現在は起り(むくり)と呼ばれる膨らんでいるような形状の寄棟造りの銅版葺の屋根になっています。

本尊で鎌倉十三仏霊場第二番の釈迦如来と札所本尊の聖観世音菩薩が本堂に安置され、仏壇周辺は室町時代の材料が使用されています。

また婦人病に御利益のあると言われる淡路島明神立像もあります。

浄妙寺

浄妙寺 境内

境内は国の史跡に指定されていて、梅や椿、イチョウや紅葉、百日紅などの名所としても有名で四季を通して様々な顔を楽しむことが出来ます。

浄妙寺 花

浄妙寺 花塚

浄妙寺 紅葉

浄妙寺 喜泉庵

浄妙寺境内には、散策に疲れた足を休めるのにぴったりの茶室もあります。本堂を抜けると枯山水の庭園を眺めながら、お抹茶が頂ける「喜泉庵」があります。
この庭園を眺めているとふと時が止まったように感じます。

浄妙寺 喜泉庵3

浄妙寺 喜泉庵2

浄妙寺 御朱印

浄妙寺 御朱印

詠歌 はるばると まいりておがむ 観世音 ほとけのおしえ 弥陀の浄土へ

浄妙寺 時間

開門 9:00 閉門 16:00
拝観料 100円
住所 鎌倉市浄明寺3-8-31 tel 0467-22-2818

浄妙寺の「アッ!」と驚く美しい映像を見る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す