鎌倉瑞泉寺の境内で様々な歴史に触れてみた。

瑞泉寺 錦屏晩鐘(鐘楼)

錦屏晩鐘
⇒瑞泉寺の場所はこちら (楽天 旅ノート)

瑞泉寺 偏界一覧亭

偏界一覧亭は、嘉暦3年(1328)に夢想国師(むそうこくし)が建てた建物で、

鎌倉五山(建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺)の僧侶たちが、よく詩会をされた場所だといわれています。

 

時がたち荒廃しているのを水戸光圀(みとみつくに)が堂を建て、その近くに東屋(あずまや)を作り、

一覧亭集詩板を掲げたと言い伝えられていますが、堂も荘も現在では無く、

基礎となっている石が残されているだけとなっています。

 

一般には公開されていない偏界一覧亭だが、天国ハイキングコースから見ることができるそうです。

偏界一覧亭

スポンサーリンク

瑞泉寺 山崎方代歌碑

歌碑には

「手の平に豆腐をのせていそいそといつもの角を曲がりて帰る」と記されています。

山崎方代歌碑

瑞泉寺 吉田松陰留跡碑

瑞泉寺の山門近くに立つ吉田松陰留跡碑。

寛永6年(1853)、江戸に向かう途中で吉田松陰は

伯父の竹院和尚が住職を務めていた瑞泉寺を訪れた。

吉田松陰留跡碑

瑞泉寺 手水とお地蔵様

瑞泉寺 手水とお地蔵様

吉野秀雄歌碑

歌碑には

「死をいとひ生をもおそれぬ人間のゆれ定まらぬこころ知るのみ」と記されています。

吉野秀雄歌碑

大宅壮一評論碑

「男の顔は履歴書である」

ジャーナリストとして活躍した大宅壮一氏の名言が記されています。

大宅壮一評論碑

天国ハイキングコース入口

瑞泉寺の門前から建長寺方面へとのびる天国ハイキングコース入口があります。

天国ハイキングコース入口

瑞泉寺の「アッ!」と驚く美しい映像を見る。

⇒瑞泉寺の歴史や御朱印についてはこちら

⇒瑞泉寺のキレイな花々はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す