蓮乗院へ鎌倉三十三観音御朱印巡りの旅

札所第19番、天照山 蓮乗院(れんじょういん)

蓮乗院は光明寺山門の右手にあります。

元は真言宗の蓮乗寺だったのが光明寺が、この地に移されてから子院となり蓮乗院と改称しました。

創建された時期ははっきりと分かりませんが、光明寺(1243年)より以前ということは確かです。

スポンサーリンク

蓮乗院 山門

記主禅師良忠上人が光明寺を創建しましたが、良忠上人が光明寺完成までここで暮らしていたことから、光明寺の新住職になるとまず蓮乗院に入った後に改めて光明寺に入る風習が残されています。

蓮乗院 境内3

蓮乗院 本尊

本尊は源頼朝の関東御家で鎌倉入りを進言した、千葉常胤の守り本尊とされる木造阿弥陀如来立像です。

蓮乗院の寺紋と千葉家の家紋が同じ月星であることからも、深い関わりがあったことが推測されます。

蓮乗院 本堂

阿弥陀如来像は像高81.5cmの寄木造りで正安元年(1299年)十月一日という日にちと、大仏氏播磨法橋宗円という仏師名が胎内に銘記されていて、鎌倉時代のものとされています。

このように明らかに鎌倉時代作とされる仏像はとても貴重なもので、市の文化財に指定されています。

蓮乗院 本堂2

蓮乗院 格天井絵と板襖絵

本尊が祀られている本堂では松や牡丹の板襖絵や、格天井には西方極楽浄土の世界をイメージした花鳥図が描かれている54枚の格子を拝観することができます。

これらの絵は月岡栄貴画伯を主宰として、16人の画伯が腕を振るったと伝えられています。

鮮やかな配色の絵を見ていると、極楽浄土に往生することを願って、念仏を唱えてきた人々の姿まで浮かんでくるようです。

蓮乗院 格天井絵

蓮乗院 板襖絵

普段は締め切ってあるため、本堂内を拝観希望される方は、事前に予約が必要になりますのでご注意ください。

蓮乗院 相模21箇所弘法大師霊場

また、門の片隅には相模21箇所弘法大師霊場の11番札所であることを示す石碑があります。

蓮乗院 弘法大師霊場 相模11番札

蓮乗院 御朱印

蓮乗院 御朱印

ご詠歌 にごる世に まよふわが身の このままに はすのうてなに のるぞうれしき

蓮乗院 時間

開門 9:00 閉門 16:30
拝観料 無料
住所 鎌倉市材木座6-16-15 tel 0467-22-5835

蓮乗院の動画、「アッ!」と驚く美しい映像を見る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す