安養院へ鎌倉三十三観音御朱印巡りの旅

札所第3番、祇園山 安養院(あんよういん)

安養院は鎌倉駅から徒歩15分と散策に便利な場所にあります。

北条時政の長女で尼将軍と呼ばれた北条政子が夫であった源頼朝を弔うために1225年(嘉禄元年)に建てた長楽寺が、1333年(元弘3年)幕府滅亡と共に焼け落ちたためこの地に移転されたものです。

スポンサーリンク

安養院 山門

開山は京都泉湧寺第六世の願行です。

安養院は政子の法名からとって付けられました。

その後1680年(延宝8年)に寺は再び全焼しますが、頼朝の家臣だった田代信綱が建てた田代寺の観音堂を移して再建しました。

安養院の場所を確認されたい方はこちら
⇒安養院の場所を確認 (楽天 旅ノート)

安養院 境内

安養院 本尊

本堂は観音堂と呼ばれ、本尊の阿弥陀如来像と北条政子像、そして木造千手観音像が安置されています。

木造千手観音像は観音信仰があった田代信綱の観音像を胎内に納めたことから田代観音とも呼ばれています。

さらに、頼朝が天下統一を成し遂げたことから出世にご利益のある昇竜観音、政子が憧れの頼朝と結ばれたと伝えられていることから縁結びの良縁観音とも呼ばれています。

安養院 本堂

安養院 本殿2

安養院 宝篋印塔

本堂の裏には大小二つの宝篋印塔があり、小さい塔が北条政子の供養塔です。

大きい塔は浄土宗名越派開祖尊観上人の供養塔と伝えられ、徳治3年(1308年)の銘があり鎌倉最古として国の重要文化財に指定されています。

安養院 宝篋印塔

安養院 天然記念物の槙

境内には天然記念物に指定された樹齢700年と言われる槙の御神木があります。

尊観上人のお手植えとされ、大空まで枝が届きそうな位の大木にしばし見とれてしまうでしょう。

安養院 天然記念物 槙

安養院 つつじ

また春にはオオムラサキツツジが咲き誇り、鎌倉一のツツジの名所として観光客も多く訪れます。

安養院 つつじ

安養院 黒澤明

ちなみに世界の巨匠と言われた黒澤明映画監督の眠るお墓もこのお寺にあり、ファンの方には隠れた名所になっています。

安養院 日限地蔵

境内に入ってすぐのところには、日限(ひぎり)地蔵と呼ばれるお地蔵さまが祀られています。

日を限ってお願いをすると、その決めた日数のうちに成就してくれるといわれるお地蔵様で、たくさんの方が祈願に訪れています。

安養院 日限地蔵

安養院 御朱印

安養院 御朱印

ご詠歌 かれきにも 花咲くちかい 田代寺 世をのぶつなの あとぞ久しき

安養院 時間

開門 8:00  閉門 16:30
拝観料 100円
住所 鎌倉市大町3-1-22  tel 0467-22-0806

安養院の動画、「アッ!」と驚く美しい映像を見る。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す