北鎌倉の明月院、やぐらなどの歴史を感じながら境内を散歩・散策してみよう。

スポンサーリンク

北鎌倉明月院を散歩・散策

北鎌倉駅から歩いて約10分。

鎌倉駅より江ノ電バスでもくることができる明月院は境内全域が国の史跡に指定されています。

その中を歴史を感じながら散歩・散策してみました。

⇒明月院の詳しい場所はこちら (楽天旅ノート)

明月院のウサギとカメ

境内の入口にかかる茶々橋にはかわいらしいウサギとカメの像が川の見て一休みしています。

ウサギとカメ

境内の他の場所でもウサギがいました。
明月院 うさぎ

花想い地蔵

その季節に合った花が飾られている花想い地蔵。

花想い地蔵

子地蔵

開山堂への階段を上がったところにある子地蔵。

赤い衣装が印象的です。
明月院 子地蔵

開山密室守厳禅師像を安置する開山堂(宗猷堂)

宗猷堂(そうゆうどう)として善興寺隆盛時代(1380年頃)に建てられ、後に開山堂とされました。

・開山堂
山の緑に囲まれた茅葺き屋根の開山堂(宗猷堂)。

明月院 開山堂2

・開山密室守厳禅師像
開山密室守厳禅師

明月院 やぐら

裏手の山腹には明月院やぐらと呼ばれる間口約7m、奥行き約6m、高さ約3mの鎌倉最大の大やぐらがあります。

内壁中央には多宝如来や阿弥陀如来像、両脇には十六羅漢が浮き彫りされています。

ここは明月院開基の上杉憲方の墓とされています。

明月院やぐら3

明月院やぐら4

・その他やぐら
明月院やぐら2

明月院やぐら5

鎌倉十井 瓶の井(つるべの井)

鎌倉十井の一つである瓶の井(つるべの井)。

内部が水瓶のようにふくらみがあることからこの名がついたそうです。

鎌倉十井 つるべの井 瓶ノ井

鎌倉十井 つるべの井 瓶ノ井2

絵馬堂

花想い地蔵の脇道を歩いていくと絵馬堂があります。

あじさいの絵が描かれた絵馬が掛けられていました。
絵馬堂

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す